沿革

1976年7月 「日本綜合テレビ企画株式会社」を設立
同年、全国主要都市においてウエディングビデオ撮影事業を開始
1978年9月 一般企業向け社員教育ビデオ、販売促進用ビデオなど、
ビジネスソフトの企画・制作に取り組むと同時に、
ビデオ機器のシステム設計と機材販売に着手
1979年1月 「日本綜合テレビ株式会社」に商号変更
1984年5月 ニューメディアの旗手としてのCATVに着目
筑波ACCSの開局準備をハード・ソフト両面で支援
1986年9月 この年、ビデオソフト制作年間30,000本を記録
受注制作ソフト企業として市場トップクラスの地位を確立
1994年12月 業界でいち早くブライダルハイビジョン撮影を実施
2010年6月 業界初の、3D映像による披露宴のオープニング演出に着手
2011年2月 アメリカ現地法人として、NST AMERICA INC.を設立
2011年4月 マザーズシステムジャパンのウェディングビデオ部門をグループ化
2013年4月 NST AMERICA INC. NSTハリウッド開設
2013年8月 NST CEBU(CEBUスタジオ)開設
2014年1月 アメリカ最大手ウェディング雑誌・WEBメディア「The knot」において
“best of weddings 2014”獲得